本文へスキップ
本文へスキップ
静岡県藤枝市にある性的虐待・レイプ被害/DV・モラルハラスメント専門
カウンセリング・セラピー


電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080-5112-5560

〒426-0041 静岡県藤枝市高柳1617-3

DV・モラルハラスメント カウンセリング



性的虐待・暴力の問題を扱わせていただいていると同時に
DV・モラルハラスメントをされている(過去にされていた)というご相談で受けることが多くなりました。


ここでは加害者にどれほど心を傷つけられコントロールされ続けてきたのかという素直な気持ちに気づき
早く自分自身の人生を取り戻せるよう、心理療法とともに全力でサポートさせてもらっております。

被害を受ける方のもともとは、決して一人では生きてはいけないような依存的な人ではありません。

加害者からの攻撃による影響で生きる力を奪われてしまったのです。

心が解放され、これからの人生を自分の描くよう生きられていく姿を見届けさせてもらうたびに私は思います。
この経験は決して良いことなどありませんが、支配から抜け出した後はそれぞれの幸せや才能を開花させるエネルギーがもともと大きい方が多いのではないかと・・・
してもしかたがない努力は もうしなくてもいいのです。 

もう 頑張らなくてもいいのです。


よければ、ご参考にしてみてください。







DV(ドメスティックバイオレンス)・モラルハラスメント とは?

施設写真

DVとは、親密な関係からの

 ・身体的暴力
(殴る・蹴る・殴るふりをする・凶器をつかう…)
 ・精神的暴力=モラルハラスメント
        (脅す・侮辱・無視・孤立・自尊感情を傷つける…)
 ・経済的暴力(生活費を入れない・経済的制限・借金癖…)
 ・社会的暴力(行動の制限、監視・働く事を制限、過剰に働かせる…)
 ・性的暴力 (性交渉の強要・避妊に非協力・堕胎・性癖を押し付ける…)

によって、執拗に支配されコントロールされることです。


特にモラルハラスメント(精神的暴力)は、表だって目に見える暴力ではないため
被害を受けていることすらわからないないままに、心をボロボロにされてから気づくことが多いのです。

DV加害者は魅力的で外面がよく社会的に信頼が厚く、その極端な二面性からは周りも気づかれることがありません。
だからこそ被害者側もその両極端な面に葛藤します。

親密な関係と暴力が同時に存在していると、尚更に混乱を引き起こします。

陰湿で当事者間にしかわからないような言葉や目に見えない態度で
心を踏みにじられ自尊心を傷つけられていることも多いため、
第三者に話し理解をしてもらうことも容易ではなくなります。

これはもしかしら悪意はなく、冗談でしていることなのかもしれない・・・

世の中にこんな人がいるはずはない・・・

これはおかしいと思う自分が間違っているのではないか・・・

これはもしかしたら、よくあることなのかもしれない・・・

自分さえ我慢すれば、きっと理解して相手は変わってくれるかもしれない・・・

それでも、押し込めてしまっていた感情は身体の不調や慢性的な疲労感に表れ、
ついには怒りの感情が爆発してしまうこともあります。
追いつめられ自分でも驚くような大きな声をあげたり暴れてしまうこともあるものです。

でもその時点では恐怖から自分を表現できないようにコントロールされているので、

結局は「お前の方がおかしい」「自分の方がDVを受けた」と言わんばかりの結果に終えられてしまいます。

そしてまた、魅力的な優しい面をみると

あの人は悪い人ではない・・・

私が悪かったのかもしれない・・・

と、そのサイクルから抜け出せなくなってしまうのです。

被害者は暴力としてエネルギーを奪われていくのに対し、加害者は単なる喧嘩と捉えすぐに元に戻れます。
もう自分を生きることどころではなく、相手に日々エネルギーを奪われている状態です。


それは、心をやっと解放されこの支配から抜けだすことができた後、自分自身でも何故このような危険から逃れられなかったのかと不思議に思うこともあるほどです。

だからこそ、それほどまでにDVという被害に気づくまでにも難しいのだということがわかります。

DVによる深い心の傷に気づいたとき、不安やショックはとても大きくなります。


勇気をもって加害者とは関わりをもっていない 第三者に 助けを求めてください。

性的暴力と同様に他DVを受けている(受けていた)という事実を人に話すことは難しく、孤立してしまいがちです。

心を癒されていく過程の中で、これからどのような生き方をされていくのかは人それぞれです。

早く生きる力を取り戻し、自分の想うようにこれからを笑顔で生きていかれることを願っています。


こころの声ではそのサポートをさせていただいています。



よくあるお悩み


  • なぜか自分に自信をもてなくなってしまった
  • 自分が常に悪かったと思わされてしまう
  • 好きな好みを相手に合わせて言えない(本音は絶対に言えない)
  • 遅刻や予定より早く帰るなんてできないと感じている
  • 尊重や信頼感のない環境なのに親密な(セックスなど)やりとりを断れない
  • 加害者と遭う前は自分の気持ちを素直に表現できていたのにできない(他の人とは気持ちを伝えあえる)
  • 見捨てられることへの不安がある
  • 抑えきれない怒りを感じている
  • 以前の優しい相手に戻ってくれると期待してしまったり戻そうと自分が努力してしまう(助けたいと思ってしまう)
  • 不安・不眠・頭痛・慢性的な疲労感・無気力・うつ状態・悪夢などの症状がある
  • 解離・記憶を失う
  • 死にたくなってしまう
  • 妄想にひたってしまう
  • 孤立してしまう
  • 暴力をふるう相手を悪い人だとは思えない(精神的、経済的、社会的暴力はよくあることだと思ってしまう)
  • モラルハラスメントは証拠が残らないので誰にも助けを求められないでいる
  • 混乱しているので人にも説明して理解してもらうことが困難
  • DV被害を受けたこと自体に自分にも悪い原因があると思ってしまう
  • 周りに理解されずただ苦しみに耐えるしかないと思ってしまう
  • 別れた(距離をおいた)後でも心に深い傷が残り抜け出せなくなっている



加害者の特徴


  • 友情・愛情・職業的良心などを使って人に罪悪感を抱かさせる
  • 人を惹きつける能力を持っていて社会的に信頼されている
  • 自分の責任を他の人に押しつける
  • 自分の要求・感情・意見などをはっきり伝えない
  • 自分はすべてを知っているかのように頷き黙る
  • 話しあうという直接的なコミュニケーションを避ける
  • 無視をしたり嘘をつく
  • 暗にあるいはあからさまに脅す
  • 双方の間でしかわからないような事柄に冗談口調で屈辱感を与える
  • 自分に対する批判を認めようとしない
  • 自分の影響力を強くするために不和の種をまく
  • わざと嫉妬させる もしくは嫉妬深い
  • 自分の目的を達成させる能力はあるがそのために他人を犠牲にする
  • ぎりぎりの時になってから頼みごとをする
  • 直接反感をもたれないように用心する


ご相談を検討されていて不安な方へ



この問題を人に話すことは並大抵ではない勇気のいるものです。
はじめて受けられるときは誰でも不安を感じてしまうものですね。私もその経験があります。
どうぞ、その不安も吐きだしてみてください。
こころの声では、穏やかで和やかな雰囲気のなかで心が癒されることを大切にしています。

ご不明なことがありましたらお問い合わせフォームより、24時間メールでお問い合わせください。
もう、我慢はしなくてもよいのです。
ほんの小さなことがきかっけになることもあります。

     

電話でのお問い合わせ・ご相談も営業時間内に受け付けております。
私と1度お話してみませんか?

お問い合わせ 080-5112-5560




どのような心理療法を扱っていますか?
  こちらもお読みください>>心理療法に対する考え


バナースペース



スマートフォンの方はこちらからどうぞ

kokoronokoeメンタル心理こころの声

〒426-0041
静岡県藤枝市高柳1617-3
TEL 080-5112-5560

曾根 真友子


メールでの無料相談・お問い合わせ
ご予約は…


こちら>> 
 メールでのお問い合わせ・ご予約は…